債務整理を弁護士に依頼すべきタイミングはいつ?

「借金の返済は辛いけれど、弁護士に依頼するほどの状況じゃない…」
と、債務整理の依頼をためらわれていませんか?
もしかしたらその判断は間違っているかもしれません。かといって、どんなタイミングで依頼をするべきなのか、わからないという方がほとんどだと思います。
そこで、今回は債務整理を弁護士に依頼すべきタイミングについて、三つピックアップしご紹介します。

借金の返済が滞っている

スムーズに借金を返済できていれば問題ありませんが、返済が滞っているのであれば、この時点で債務整理を依頼するタイミングになります。なぜなら返済が滞っているということは、日常生活に影響が出ていると言えるからです。何度も滞納を続けると、遅延損害金がプラスされて、さらに借金の返済が難しくなるでしょう。遅延が長引けば完済が難しくなるだけではなく、財産や口座が差し押さえられてしまいます。差し押さえられてから債務整理を行っても、選択肢が少なくなってしまうのです。返済が難しいと感じた時点で相談をすれば、選択肢もいろいろとあるのでよい対策を立てやすくなります。

複数の業者から借金をしている

1度借金をしてきちんと返済できないままの状態では、同じ業者から追加で借金をすることはできません。そのため、別の業者から借金をして、前に借金をしていた業者の返済に充てる自転車操業状態になることもあります。すでに複数の会社から借金をしている現時点で債務整理を行うべきでしょう。多重債務をしていると、1つの業者から借金をしているときよりも返済額が多くなります。債務整理を行うことで、借金の一本化が可能になり、返済額を減らすこともできるので、早めに相談することをおすすめします。

返済をしても元本が全く減らない

自分は毎月きちんと借金を返済しているから大丈夫だと思っていても、実は全く元本が減らない場合もあります。借金は利息をいくら支払っても、元本を完済しない限り支払いは終わりません。いくら支払っても元本が減っていないのであれば、すぐにでも弁護士に相談し、債務整理を行うべきでしょう。債務整理を行うことで、利息分の支払いをカットできることもありますし、元本を減額することもできるのです。利息の支払いが長期間続いていた場合には、元本の帳消しができる可能性もあるので、何もしないで支払い続けるのはよくありません。

以上、債務整理を弁護士に依頼すべきタイミングについてご紹介しました。

当事務所では、自己破産、任意整理、個人再生、個人事業主・法人の破産等幅広く債務整理のご相談に対応しております。依頼者の方の不安な気持ちを解消できるよう努めておりますので、債務整理について相談ができる弁護士を広島でお探しの際はお気軽にお問い合わせください。

執筆者情報

下川絵美(広島弁護士会)
下川絵美(広島弁護士会)
下川法律事務所のホームページをご覧いただきありがとうございます。
当事務所は、広島に地域密着で、個人法務(離婚・相続・交通事故・労働災害・借金問題等)から、企業法務(予防法務・企業内トラブル・企業間トラブル等)まで、幅広い分野の案件を取り扱っております。
様々な法的分野のお悩みを抱えている方のお力になれるよう,所員一同,全力でサポートいたします。
広島で,法律トラブルを抱えておられる方は,お一人で悩まず,お気軽にご相談いただければと思います。
|当事務所の弁護士紹介はこちら
最新の投稿
082-512-0565 082-512-0565

メールでのお問い合わせはこちら

LINEでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

LINEでのお問い合わせはこちら